2011年10月11日

くりんの検査結果。。。。。。

      3連休も終わり、皆さんはどんな思い出作りを刻まれましたか?

        クリシオ地方は、気温が上がりほんまに暑い日々でしたよ。

       私も其れなりにバタバタとその間の事は又と言う事で・・・・。

   先週の日曜日、先月ドッグ検診を受けたくりんの検査を聞きに行って来ましたのでその事を。

        IMG_0833.JPGIMG_0837.JPG
        IMG_0803.JPG
        IMG_0809.JPG
        IMG_0810.JPG

         骨格、眼、耳、血液に関しては異常は無くてホッとしました。

         けども、ダックスのヘルニアは突然に発症するので油断は出来無い。

(ピョンピョン飛んだりとか高い所への乗り降りはさせない様に気を付けて欲しいと・・・・・。)

              ただ、一つ気に成る事が・・・・・・・

        IMG_0805 (0).JPG

          この模型は、心臓何ですけど説明聞きました。

        IMG_0832.JPG

          超音波の図で赤い場所が有るんですけど・・・・・・。

      此は、右心室から左心室へ血液が送り込まれて普通はドックンドックンと

       心音が聞こえるのですが、くりんの場合左心室へ一気に送られず

        ほんの少しやけど血液が右心室に戻っているそうで心音も、

          雑音では無くザァ~ザァ~と聞こえてしまうそうです。

        このまま症状が進み放って置くと、肺に水が溜まったりとか。

             今後は定期的に検診を受けて症状が進めば

               治療開始しないと駄目なんですけど

                 今は要観察と成りました。

    説明を受けた時は、どうしょうと思ったけど此を望んだのは私なので

     どんな結果がでようと腹を決めていたんですけどやはりショックでした。

    
            以下は、検診の総評が記されてます。

        IMG_0829.JPGIMG_0830.JPG
        IMG_0831.JPG

     くりんはこの年で初めてのドッグ検診、色々話しをさせて頂いた中で

       急遽志音ちゃんも年末にドッグ検診を受けさせる事にしました。

    志音ちゃんは、白血球低下と血液の凝固の数値が低いので心配は心配やけど
        
        年を重ねて行く上で比較出来る物が有ればと決めました。


元気で丈夫と思っていたくりんも、年と共に此から色んな症状が出て来ると思うので

       今まで以上に目配り、気配りをと考えさせられました。


  獣医師の方から、

     「くりんちゃん大人しく、お利口さんで検査を受けてましたよ」と

            聞かされた時はじ〜んと来ましたね。

            くりんお疲れさん、よう頑張ったね。

                さすがくりんだね。Good








            

ニックネーム くりんまま at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする